やったキャンプだ!他

キャンプとか子育てとか

*

我が家の愛犬ベルの心臓病の記録2

   

我が家の愛犬ベルの心臓病の記録1の続きです。

2002年9月22日
ベルを鳥取まで車で送って行く、めかりP.Aでベルのリードがはずれ大捕り物
高速道路に出なくって良かった
約7時間で鳥取県倉吉市に到着
遠い・・・
めかりSAにて

めかりSAにて

2002年9月23日
ベルに面会して泣きながらまた7時間かけて帰宅
これからほぼ毎日山根動物病院に電話する(向うからかかってくる時は何かあった時)ことになる。
2002年9月28日
ベルの心臓カテーテル検査。首のところから血管に管を心臓まで入れて心臓の状態がいろいろわかる検査をした。
やはり重度の肺動脈弁狭窄で手術しないといけないらしい。
2002年10月5日
手術
無事手術も終わり、自分の心臓でまた生きていける。
麻酔から目が覚めたらご飯も完食したそうだ。

手術内容については
山根動物病院心臓病肺動脈狭窄の所とその手術法を参照してください。

ベルの場合、手術前は圧較差が140mmHgくらいあったものが、16?30くらいになったようです。

2002年10月12?13日
ベルのお見舞いに倉吉へ
なんか久しぶりに会うベル。どう接していいか戸惑った。傷口が痛々しい、水を抜く管も出てる。。。
今だから言えるけど焼き豚みたい

今だから言えるけど焼き豚みたい

2002年10月20日
ベル退院
帰り道は休憩しながら帰る。やっぱり行きとは気分が違う。
これから
手術しても完全な心臓ではないけど、ベルの生涯が終わる時、
「幸せだった、うちに来れて良かったよ」とベルが思ってくれるような生活をさせてあげたいと思う。
2009年12月11日
今現在、7歳
腹水がたまって年に数回抜くような状態です。
ちょっと興奮とかすると腰が抜けたような状態になるけれど、普通に生活 する分には問題ありません。
今後どれだけ私たちのそばにいてくれるんでしょうか


【送料無料】★Sale★ ロイヤルカナン 療法食 犬用 心臓サポート(EARLY CARDIAC) 8kg
ベルの食事です。
これとご飯にヨーグルトなどを混ぜてあげています。

続きに気になる当時の手術費用を載せています。
続きを読む前に
押していただけたらうれしいです。にほんブログ村に参加しています。

診察料 1 \800 \800
血液検査A 1 \2,000 \2,000
血液化学検査 39 \500 \19,500
血液化学検査(12項目) 2 \4,000 \8,000
血液塗沫 3 \1,000 \3,000
血液特殊検査 3 \500 \1,500
血液ガス検査 8 \1,000 \8,000
X線撮影D 1 \4,000 \4,000
X線撮影A 3 \2,000 \6,000
心電図検査 1 \2,000 \2,000
心音図検査 1 \1,500 \1,500
超音波検査C 3 \4,000 \12,000
心臓検査セット 3 \6,000 \18,000
前処置C 1 \2,500 \2,500
OI麻酔C 1 \15,000 \15,000
心臓カテーテル検査 1 \50,000 \50,000
静脈内カテーテルA 1 \2,000 \2,000
入院料D 25 \3,500 \87,500
静脈点滴B 2 \4,000 \8,000
院内使用薬(内服) 21 \500 \10,500
クロスマッチ検査 1 \2,000 \2,000
前処置C 1 \2,500 \2,500
体外循環麻酔 1 \50,000 \50,000
開心術(体外循環) 1 \400,000 \400,000
体外循環消耗品 1 \350,000 \350,000
静脈カテーテルB 2 \1,300 \2,600
特別看護 1 \10,000 \10,000
合計     \1,078,900

にほんブログ村に参加しています
一日一回押していただけるとうれしいです。

 - 愛犬 ,

Comment

  1. […] 我が家の愛犬ベルの心臓病の記録2 (0) 愛犬 心臓病,黒ラブ You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site. アウトドアウェア« &ra […]

  2. がんちゃん より:

    ベルちゃん大変な手術だったんですね。
    今は、元気なら何よりです。

    1日でも自分家の子として迎え入れたら、やっぱり別れるのは無理ですね!
    いくら先天性の疾患が見つかったとしても、別の子と交換なんてできないですよ。
    手術代が高くても助かる可能性があるのなら……て思います。
    ベルちゃんは、本当に良いご家族に巡り会えて幸せですよ。

    我が家にも、2匹のワンコがいるけれど、出来るだけの事はしてあげようと思ってます。
    フードやおやつにも気を使って、先ずは病気にならないように気を付けています。

    これからも、いっぱい、いっぱい可愛がってあげて下さい!

  3. hanaパパ より:

    ベルちゃん、そんな病気があったんですね。
    でもベルパパさんちに来て幸せだと思います。

    私はhanaがうちで良かった。幸せだと思って
    もらいたいと願って暮らしています。

    今のままで変らず元気でいてほしいですね。

  4. ベルパパ より:

    >がんちゃんさん
    今はうちに来てくれてよかったと本当に思っています。

    飼い主が知識をつけて、飼い犬を守ってあげることも大事ですよね。
    がんちゃんさんところのわんこもそんな思ってくれる飼い主の所にこれて
    幸せでしょうね。

    >hanaパパさん
    そうですね。
    犬の気持ちは分かりませんが、幸せだったと思ってもらいたいですよね。
    お金には変えられないものを犬たちから貰ってますから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
我が家の愛犬ベルの心臓病の記録1

またまた昔のホームページから発掘してきたネタを転載いたします。 2002年5月3 …